モテないのはキャラが薄いから?モテる男の性格とキャラとは!

「センスを磨いて服も買い揃えた、たくさん出会って女性の知り合いも増えた、女性との会話も弾む、なのに何故かモテない……」

モテる為に労力を費やした人がモテないというパターンにありがちなのは、”いい人”止まりになっていることです。

何故”いい人”で終わってしまうのか、それはその人の性格から作り上げられたキャラクター性が足りないから、つまりキャラが薄いからなのです。

今回はそんな人達の為に、どんな性格とキャラの男性がモテるのかを紹介していきたいと思います。

性格とキャラクター

 

モテない人が陥りがちな”いい人”止まり。

女性からすれば、”いい人”というのは、センスもいいし一緒にいて楽しいけど、なにか一つ物足りない、いまいち存在感がない、ということを指しています。

存在感が薄い、というのはつまり、その人のキャラが立っていないということ。

 

普通、「あの人は◯◯だよね」と口にする際、◯◯の部分には「おもしろい」「頼れる」「真面目」「気が遣える」などなど、具体的な言葉が入るものです。

 

センスはいいし一緒にいて楽しいのにも関わらず、そういった何かを象徴するようなキャラがない場合、女性は「いい人」という言葉を使ってしまうのです。

今回はそんな人達のために、どんな性格やキャラクターがモテるのか、ということを紹介していきたいと思います。

 

モテる性格、キャラクター

1.目立つカリスマリーダータイプ

 

会社や学校ではリーダーシップを発揮し、飲み会やプライベートでは頼れる一面を持つのが目立つカリスマリーダータイプです。

カリスマリーダータイプに必要とされるのが何かを企画して人を巻き込む力、場の雰囲気を読んで適切な指示をしたり話を盛り上げる力です。

社会人の方ならば、職業にもよりますが仕事を企画しそれに対して責任をもって適切にやりきったり、学生の方ならば飲み会や旅行などの小さなイベントを自ら積極的にやっていくことが必要です。

そういった経験が無い方にはハードルが高いことかもしれませんが、いざやってみると、なかなかうまく行かないことは多いかもしれませんが、やはりやりがいがあり、楽しいことです。

普段、「本当はこういうことをもっとやりたいんだけどなあ」というくすぶった思いがある方は、自分が楽しむためにも、モテるためにも積極的になにか行動を起こしてみてはいかがでしょうか。

 

2.ワイルドな風貌でチョイワルタイプ

 

けして皆に指示をしたり、自ら企画をしたりするタイプではありませんが、かなりモテるのがこのワイルドちょいワルタイプ。

爆発的に場を盛り上げたりすることはなくても、その場その場でウィットに富んだ小粋なおもしろいことを発言したり、他人をイジって笑いをとることを得意としているタイプです。

見た目的にもどこか渋くてお洒落だったり、例えば音楽などの知識に長けていたりと、「この人には勝てないな」と思わせる部分を持っていて、いじられてもなんとなく許してしまう、というのが強みです。

もし、自分がそういったなんらかの知識に長けていたり、なんらかの深みを感じさせることのできる人間だなと思う方なら、このワイルドちょいワルタイプを目指すのをおすすめします。

 

3.誠実そうで真面目な雰囲気タイプ

何事にも真剣で、真面目に取り組む姿勢を崩さない誠実そうで真面目な雰囲気タイプ。

こちらは場合によっては「地味」「存在感が薄い」「(悪い意味で)真面目」とらえられてしまいますが、やりようによってはかなりモテます。

本来、女性は何かに真剣に取り組む男性を見て「カッコいいな」と思うものです。

しかし、「地味」「存在感が薄い」「(悪い意味で)真面目」と捉えられてしまう人は、その真剣に取り組む姿の見せ方がなっていないのです。

やっていることは同じでも、ただ自分に与えられた仕事や役割を淡々とこなすだけでは、どこか機械じみた印象を与えてしまいます。

そこで重要なのが熱意です。自分がその仕事や役割をこなす際に、どういった熱意を燃やしているのか、ということを周りに話すだけで、やっていることは同じでも周りにはまるで違った印象を与えます。

もし、自分が責任感が強く、仕事や勉強などに対して熱意がある方は、その取り組みへの熱意をわかりやすく周りに語ってみてはいかがでしょうか。

 

4.ポジティブで明るいおバカキャラタイプ

明るく振る舞って場の雰囲気を明るくする、みんなにいじられ愛されてのポジティブで明るいおバカキャラタイプも実はけっこうモテます。

飲み会などではさんざんイジられて、仕事ではミスも結構多い……それでも明るくポジティブに振る舞っていくメンタルの強さが必要とされます。

失敗ばかりで困ることもあるけれど、何故か憎めない、そんなキャラクターに女性は母性を感じて「かわいいな」と思ってしまいます。

仕事はうまくこなせない、でも明るさだけは誰にも負けない!という方がいたら、こんなキャラクーをめざしてみるのもアリですね。

 

まとめ

 

ここまで、モテるためのキャラクター、性格について紹介しましたが、どれにも共通するのは「自分から積極的に行動を起こす」ということです。

言ってしまえば、キャラクターはすでに人それぞれ元々持っているものですし、自分がどんなキャラクターに近いかはなんとなく想像がつくと思います。

しかし、それでも「いい人止まり」で終わってしまう人は、キャラクターを出せるべき場面で積極的に行動することができず、その結果印象も薄くなってしまうのです。

もし、自分のキャラクターになんとなく気が付いているならば、そのキャラクターを確立させるためにも、どんどん積極的に行動してみましょう!

 

 

PR

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*