お洒落なメンズ下着の必要性やアンダーウェアの選び方とは?

カッコいい服を揃えて、コーディネートも完璧。

女の子とも話せるようになって、順調にモテロードを歩んでいる。

しかし、何か一つ忘れていませんか?

そう、下着です。

コーディネートがバッチリ決まっていても、下着がダサいとなんともいえない気持ちになりますよね……。

ということで、今回はお洒落な下着の必要性や、お洒落な下着の選び方について書いていきます!

お洒落な下着は必要?

お洒落な下着の必要性

「見えないからいいじゃん」

「下着とかなんでもよくない??」

と思う方が多いかもしれませんが、そんなことはありません!

なぜかって?それは……

 

−−今日は合コンで知り合った女の子とのデートの日。

コーディネートもバッチリ決めて、髪型もセット。

見た目はバッチリ、会話もデートプランも前もってしっかり準備したし、なんの抜かりもない。

予想通り楽しいデート。相手の反応もすごくいい。

さて、最後にカフェ・バーで一杯飲んで、女の子を送って今日のデートは大成功。

そんな時の事だった。

「私、まだ帰りたくない……」

そう言って袖を握ってくる彼女にときめき、二人で終電を見送った。

まさかこんなことになるとは思わなかった。

手を繋いで、ホテルに入る。雰囲気はバッチリ。

軽めのキスをして、ゆっくりと服を脱がす。

「一人で脱ぐのは恥ずかしい……」

そう照れながら言う彼女を見て、自分もゆっくりと服を脱いだ。

そして現れたのは真っ白なブリーフ。

目を丸くする彼女の顔面もなぜか真っ白。

「ごめん、私やっぱりタクシーで帰るわ」

彼女はそう言い残し、ドアの外へ消えていった−−。

 

といった風に、モテ男になったら、いつ何時下着姿を見せることになるかわかりません。

これは深刻な問題ですよね……。

 

と、冗談はさておき、お洒落な下着が必要な本当の理由として最も大きいのは違和感です。

最初は無難な格好を目指すところから始まったかもしれません。

モテるためだけにお洒落を目指してきたのかもしれません。

しかし、下着にまで気を使うようになった方なら気が付くと思いますが、最初は小さな理由で始めたお洒落も、お洒落な自分が当たり前になってみると一つの”意識”として自分の中に確固たる地位を築いてはいませんか?

この服は選ばない、このアイテムは選ばないという、以前には無かったセンスが磨かれてきていると思います。

そんな中「下着だけはダサいまま」ということに、どこか違和感を感じるはずです。

お洒落とは表面的な問題だけではなく、センスと言う部分を磨く、内面的な成長でもあるのです。

「お洒落は見えないところから」

というのは何も下着だけの話ではなく、内面のことも指しているのです。

そういった内面から発したお洒落への意識に、下着もカッコいいものを履くという必要性が自然と出てくるのです。

といっても、

「まだそこまでは……笑」

という方も沢山いらっしゃいますよね笑

ということで、ブランド物や高級な下着を狙っていくのではなく、比較的リーズナブルでカッコいい下着にフォーカスして、今回は紹介していきたいと思います。

お洒落な下着の選び方

下着の種類

下着と言っても、形からカラーバリエーションまで、様々な種類なものがあります。

形や素材だけで言っても

・ボクサーショーツ

・トランクス

・ボクサーパンツ

・ブリーフ

などなど、大きく分けただけでも4つ。

その他にTバックなどあまり一般では履かれない物も含めたら実に11種類もの下着の形態があるのです。

しかし、20代の男性ならば、10種類は無視しても構いません。

なぜならこの年代でお洒落な下着は実にボクサーパンツ一択で大丈夫だからです。

これは流行や通念の話になってしまうのですが、20代の男性の中には

「ボクサーパンツが一番」

という価値観がかなり広まっています。

そうなるともちろん女性も、なんとなく男性はボクサーパンツを履くものだという認識となっています。

ということで、パンツ選びの基本はまずはボクサーパンツを選ぶことです!

お洒落なボクサーパンツとは

さて、ボクサーパンツと一口に言ってもそのボクサーパンツにも色々なバリエーションああります。

無地はもちろんのこと、柄物も様々なものがあります。

その中でも最もお洒落とされているのが、まずはブランドロゴです。

腰回りのゴムが入ったところに書かれるブランドロゴ、残念ながらそれがボクサーパンツのお洒落基準の一番のところです。

しかし、先述したとおり「そこまでは……笑」という方は下着一枚に5000円も1万円もかけていられませんよね。

ということで、このブランドロゴを諦めた場合、次にどこで選ぶのかということをお話します。

無地 or 柄物

そうなってくると、まず最初に出てくる選択肢が無地のボクサーパンツか柄物のボクサーパンツかということです。

こちらに関しては、無難でカッコいい物を選びたい方は無地。

下着で攻めてみたいと思う方は柄物で良いと思います。

しかし、どちらに関しても選ぶ基準として気をつけなくては行けない点があります。

それは

「女性に見られた時に引かれない」

ということです。

「え?結局そこ?」

と思ったかもしれませんが、これは案外大切なことなのです。

無地にしても、真っ白だったり、真っ赤だったりと下着で強烈な印象を与えてしまうもの良くないですし、柄物にしても蛍光色散りばめられた目がチカチカするようなものは避けたほうがいいということです。

そのボーダーラインとしてわかりやすいのが、「女性に見られた時に引かれない」なのです。

現在ではブランド品だけではなく、GAPやユニクロ、GUなどのファストファッションでもカッコいい下着は沢山並べられています。

そういった下着のラインナップの中から、「これは女性に見られても引かれないだろう」というボクサーパンツを買うのがお洒落な下着の選び方なのです!

まとめ

今回は、カッコいい下着の必要性や、その選び方について紹介しました。

いままで高校生のようなトランクスを履いていた方は、今すぐそのトランクスを脱ぎ捨て、カッコいいボクサーパンツを手に入れましょう!

PR

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*