上品で機能的なデザインのステンカラーコートは軽い着心地が魅力的!

上品な雰囲気でありながら、機能的で、カジュアル感もあり、幅広くいろいろなアイテムと相性のいい夢の様なロングコート、それがステンカラーコートです。

他のコートよりもシルエットが細身で裾にかけて広がっているので、着ぶくれしないですし、防寒性を落とさずに軽やかな印象を出すことができます。

合わせるアイテムによってドレッシーにもカジュアルにも着こなせるので一着持っておくとコーディネートの幅が広がりますよ!

ステンカラーコート

ステンカラーコートとは

「ステンカラーコートって最近よく耳にするけどどういうコートなの?」

そんな疑問を持っている方も多いと思います。

ステンカラーとは和製英語で、ステンはフランス語のsoutien(支える)、カラーは英語のcollar(襟)を意味します。

襟が後ろから立ち上がって、前に降りているということから、スタンドフォールカラー(stand fall collar)に名前の起源があるとも言われています。

他にも、バルカラーコート(Bal Collar Coat)、バルマカーンコート(Balmacaan Coat)などとも呼ばれているので、海外でステンカラーコートを探す際には注意してください。

いずれにせよ、後ろの襟が高く、前の襟が低く折り返されているコートを日本ではステンカラーといい、近年トレンドアイテムとされています。

もともとはレインコートやトレンチコートから派生して誕生したと言われていて、本来はラグラン袖が特徴なのですが、近年のトレンドに合わせたデザインのステンカラーコートは、なで肩シルエットを避けるためにラグラン袖ではないものも多いです。

ステンカラーコートの魅力

シンプルなデザインから、カジュアルな私服としてはもちろんのこと、ビジネスシーンにも利用され、スーツスタイルの外套として広く愛されています。

動きやすいショップコートや春に適したスプリングコートとデザインが良く似ていますが、それらより防寒性に優れていて、厚い生地でつくられています。

ちなみに、一番上のボタンを閉めればインナーが見えなくなるので、テーラードジャケット風のラベルといわれる襟のあるチェスターコートとは異なります。

防寒性のあるボリューミーな生地の割りに、スタイリッシュなシルエットで軽やかに見えるのも魅力的です。

ステンカラーコートの着こなし

チェスターコートは首元にスヌードをもってきてコーディネートを考えたり、身幅が広いので全体のシルエットを考慮して細身のパンツなどのアイテムを選んだりしなければいけないのに対し、ステンカラーコートはそれ自体が細身のシルエットで、裾に向かって広がるAラインシルエットのものも多いので、丈がさほど長いものでなければ多少ゆったりとしたスラックスでもきれいに着こなせます。

丈の長いステンカラーコートの場合はやはりスキニーパンツでYラインに着こなすのが今風ですね。

おすすめの色はネイビーとベージュです。

ステンカラーコートは他のコートに比べカラーバリエーションが多い気がします。

キレイめに着こなしたい場合はシンプルなテーパードシルエットのクロップドパンツ、モカシンのようなドレッシーなレザーシューズなどと合わせて着こなしましょう。

キレイめコーデのときのバッグはクラッチバッグやトートバッグなんかがおすすめです。

トレンチコートはドレス感のあるアイテムとはいえ、チェスターコートよりもカジュアルな雰囲気のアイテムなので、普段は選ばないグリーンやイエローなどの派手色のステンカラーコートを着てもいいですし、ウィンドペンのような柄のものを選んでもいいです。

ただし、そういった個性の強いアイテムをつかってコーディネートするときには、他のアイテムを黒スキニーパンツや黒クロップドパンツ、ホワイトノーカラーシャツやブラックのカットソー、グレーのニットなど落ち着いたモノトーン系の色のものにしてステンカラーコートと喧嘩させないようにしてくださいね。

カジュアルめに着こなしたい場合はニューバランスなどのローテクスニーカーと合わせたり、メッセンジャーバッグやバックパックをバッグに選んでみてください。

他にも、はずしとしてキャップやニットキャップを被るとストリート感がトレンドっぽくておしゃれですし、ハットを被れば都会風コーディネートになります。

インナーとしてパーカーを着てもいいですね。ネイビーならホワイトのパーカーがよく映えます。

冬の寒い日にはニットセーターで防寒するのもいいのですが、タートルネックやハイネックとの相性もいいのでそういったアイテムでモダンな雰囲気のコーディネートをしてもオシャレです♪

ドレッシーなのに、適度にカジュアルで、どんなアイテムとも相性がいいのでかなり幅広いコーディネートを楽しむことができます。

逆に、自由度が高いということは、ドレスとカジュアルのバランスをしっかり考えないと、サラリーマンスタイルになってしまうので注意してくださいね。

とはいえ、適度にカジュアル感をいれればサラリーマンスタイルになることはないので、お好みのアイテムでいろいろなコーディネートをしてみてくださいね!

PR

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*