シックで洗練されたキレカジに!ノーカラージャケットの着こなし方

現在トレンドの兆しが出ているのが、ノーカラーのアウターです。

2015年の冬モデルは各ブランドがこぞってノーカラージャケットを提案しています。

ノーカラージャケットは適度な抜け感を簡単に演出でき、キレイめカジュアルコーデをかっこよく引き立たせてくれるだけでなく、個性を出してくれて、首元の開き具合からセクシーな印象も持たせてくれる魔法のアイテムです。

無難なアウターでは満足できなくなった方や、トレンドに乗っておしゃれを楽しみたい方はぜひノーカラージャケット、試してみてください!

ノーカラージャケット

ノーカラージャケットとは

ノーカラージャケットとは、言葉の通り、襟のないジャケットのことです。

まだ流行りきっていないので、デート服の王道であるテーラードジャケットの代わりに着用すると個性的でかっこいいと思います。

テーラードジャケットもかっこいいのですが、王道であるがゆえに、他人とかぶりがちですよね。

彼女と食事にいったら隣の席のカップルの彼氏と同じ格好……なんてことにならないように、ここぞというときのデート服にもバリエーションを持たせておきましょう。

ノーカラージャケットは近年、各セレクトショップが多く提供しているので、じわじわと人気が広がっています。

テーラードっぽいシルエットの、カラーのないデザインのものや、ブルゾンのような首元が丸く開いたノーカラージャケット、カーディガンのようなデザインのジャケットなどいろいろな種類のノーカラージャケットがありますが、この記事の上にある画像のようなブルゾン調の丸首のノーカラージャケットが最もおすすめです!

ロング丈よりもショート丈のほうが使いやすいので、お好みで選んでもいいのですが、私はショート丈の方を推します!

ノーカラージャケットの魅力

襟をなくすことによって、襟のあるジャケットにくらべてフォーマル感が薄れ、カジュアル感が増しています。

首周りを開いてすっきりさせることによって、顔周りをシャープに見せるだけでなく、ネックレスやストール、マフラー、スヌードなどの首周りのオシャレの邪魔をしないのも魅力的ですね。

カラーがないので、かっこつけすぎている感じもなく、カーディガン感覚でカットソーやシャツに気軽に羽織って出かけることができます。

テーラードジャケットは主張が強いのでジャケットが主役のコーディネートになりがちですが、ノーカラージャケットはそれほど主張しないので、インナーでコーディネートの幅を広げることができます。

インナー主体と考えると、またいつもと違ったオシャレの楽しさを発見できますよ♪

ボーダー柄のインナーを目立たせたりしてもかわいらしいですよね!

レザータイプ(ライダース)のノーカラージャケットの場合はヘルメットの邪魔にならないのでバイク乗りの方にも最適です!

デニムジャケットも最近はノーカラーのものが増えていて、他人とちょっと違うデザインで個性を出したい方におすすめです。

ノーカラージャケットの着こなしと注意

インナーにはカットソーでも十分オシャレでかっこいいのですが、タートルネックやハイネック、パーカーなど首元にボリュームのあるデザインの服を着ると、また違った印象を出せるのでおすすめです。

クルーネック(丸首)のカットソーをインナーにすると自然な印象でかわいらしいです。

カジュアル感を強めたいときはチェックのシャツを着てもいいですね。

この際、中に着るシャツを丈の長いロングシャツにすると、レイヤードが強調されてモードっぽい雰囲気もプラスされますよ!

こういったコーディネートの幅が広いのもノーカラージャケットの人気の秘訣です。

ノーカラージャケットでフォーマル感を薄れさせた際には他のアイテムでキレイめでドレッシーな雰囲気を出すとうまくまとまります。

例えば、バッグはクラッチバッグにして、パンツはテーパードシルエットのスラックスに。シューズはレザーのモカシンにして、インナーはハイネックにするなど、うまい具合にキレイめとカジュアルをMIXしてコーディネートを組んでみてくださいね。

テーラードのようなV字のノーカラージャケットの場合はインナーにノーカラーシャツを着てもすっきりまとまります。

最近のトレンドは同系色でまとめるようなので、暗い落ち着いた色でシックにまとめるとかっこいいと思いますよ!

ただし、男性のノーカラージャケットスタイルはフェミニンになってしまうので、女々しくならないように注意が必要です。

また、首が細い人は華奢な体型が目立ってしまうので、襟があまり広くないインナーを着たほうがいいと思います。ハイネックなど首元にボリュームのあるデザインのものがオシャレですし、細さを強調しないのでおすすめですよ!

さらに、ノーカラージャケットを選ぶ際は、単色のシンプルなものを選びましょう。あくまでもキレイめカジュアルコーディネートを推奨しているので、柄もののアウターは避けておいた方が無難です。

また、ニット地のノーカラージャケットは虫食いや毛玉など管理が大変なので、あまりおすすめはしません。

以上のことに気をつけてかっこよくノーカラージャケットを着こなしてくださいね!

PR

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*