ハットを被ってお洒落上級者を目指そう!ハットの魅力とは?

みなさん、ハットを被ったことはありますか?

「ハットを被るのはお洒落を頑張ってる感じでなんだか恥ずかしい」

「被ってみたいけど合わせ方がわからなくて被れない」

などなど、ハットについて思うことはたくさんあるかと思います。

しかし、実はハットとは手軽にお洒落な雰囲気を醸し出せる優れたアイテムなのです!

今回はそんなハットの魅力を紹介していきます!

秋冬シーズンはハットを被ってシックに決めよう!

キャップやニットキャップなどと違い、上品なイメージを与えることができるハット。

しかし、この”上品な”というところがなんだか照れくさくて、被ったことが無い方も多いのではないしょうか。

それは、私から言わせてもらうと「もったいない」の一言に尽きます。

なぜハットをかぶらないことが「もったいない」のか、ハットの魅力とはなんなのかということについて紹介していきます。

ハットとは

スクリーンショット 2015-09-15 15.35.08

ハットとは、円形のつばを持った帽子のことを言います。

この円形のつばを持ったハットの発祥は、1700年代と言われていて、主に階級の高い人達が被るのが主流になっていたようです。

そういった階級の示す一つのアイコンとしての名残が、現代でも「ハットは上品」という印象を与える一つの原因ともなっているのでしょう。

ハットの種類

ハットの種類は仔細に分けていくと数十種類を超える区別がなされていますが、今回は、今主にかぶられている3種類に大きく分別してみようと思います。

1.ソフトハット

スクリーンショット 2015-09-15 15.44.00

一般的に、中折れ帽子と呼ばれているものですね。「ハット」と言われてまず思いつくのがこちらのタイプなのではないでしょうか。

特徴としてはつばが広くも狭くもなく、トップの部分の真ん中あたりが凹んでいて、サイドの部分にリボンが巻かれているものが多いです。

こちらは年によって流行の偏りが殆ど無く、一定数の人は必ず被っているという、ある意味鉄板のアイテムとしてその地位を確立していますね!

2.バケットハット

スクリーンショット 2015-09-15 15.49.05

2013年あたりから爆発的に流行し確固たる地位を確立し始めたハットです。

「ハット」という括りにあるのにも関わらず、アウトドアシーンでも気軽に被れるその機能性とファッション性が注目を集め、ここ2、3年で被っている人を街中でよく見かけるようになりましたね!

こちらの特徴としては、トップの部分は平ら、つばの部分は柔らかくできています。

1のソフトハットがシックな印象を与えるのとは対照的に、活発な印象を与えますね。

3.ストローハット

スクリーンショット 2015-09-15 15.56.40

「麦わら帽子」と呼ばれているハットですね。こちらはシーズンは限られるものの、毎年人気を博しているハットのひとつです。

こちらはくだけ過ぎないアウトドア感を与えることができ、毎年夏シーズンにコーディネートの一部に取り入れてる方をよく見かけますよね。

正確には麦わらを素材にして作られたハット全般をストローハットと呼ぶので、このストローハットの中でも様々な形のものがあります。

4.つば広ハット

スクリーンショット 2015-09-15 16.05.44

2014年秋冬シーズンで流行したつば広ハット。文字通りつばが広いことが何よりもの特徴で、ソフトハットとくらべてもよりシックで上品な印象を与えます。2015年秋冬シーズンも流行る事間違い無しのハットですね!

ハットの魅力

最初にハットの種類を紹介してきたことからも分かるように、ハットの魅力はなによりもその種類の豊富さです。

ここでは今かぶられているハットということで大きく4つに分けましたが、この4つの中にも様々な形のものがあり、そのバリエーションは無限といっても過言ではないほど。

種類が多いということは、どんな人でも必ず似合うハットがあるということです。

頭の形や大きさ、顔の形やスタイル、また髪型など、人それぞれ違う特徴がありますが、どんな特徴にも合うハットが必ずあります。

またハットはつばが円形に広がっているため、ハットを被ることによって小顔に見えるという隠された効果もあります。

小顔に見えるということは、それだけで全体のスタイルがよくなるということですので、それがハットが「なんだかお洒落に見える」と言われる原因の一つとなっているのです。

つまり、”誰にでも似合うハットがあり、被っているだけでお洒落に見える”というのがハットの最大の魅力なのです。

ハットの合わせ方

ハットの合わせ方はハットの種類によって異なります。

1のソフトハットはカーディガンやシャツなどのフォーマルな服装、2のバケットハットはパーカやハーフパンツなどのアウトドア系の服装、3のストローハットはデニムやTシャツなど砕けた服装からキレカジ系の服装、4のつば広ハットはモード系の服装と相性が良いです。

それぞれのハットの形や種類を加味して、どんな服装が似合うのかも様々なので、ハットに合わせる服選びもいっしょに楽しんじゃいましょう!

まとめ

今回はハットについて紹介していきました。

ハット、というアイテムは本当にファッション性にあふれていて、一つ持っているだけでもお洒落が楽しくなるアイテムなので、購入を検討してみてはいかがでしょうか!

 

PR

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*