夏のリゾートファッションには欠かせない、エスパドリーユ

脱ぎ履きしやすいシューズとして人気のエスパドリーユ。

近年注目を集めて夏のリゾートコーディネートには欠かせない存在になっています。

履くだけでオシャレになれるアイテムなので、ぜひ夏にはエスパドリーユで足元を飾りましょう。

エスパドリーユ

エスパドリーユとは

エスパドリーユとはフランス語で「espadrille」と書きます。これは、麻縄底の軽い靴のことです。

底は麻ですが、アッパーはキャンバス地で、スリッパのような、草履のような不思議なシューズです。

フランスとスペインの国境にあるバスク地方で、船乗りや海兵が履いていたサンダルのようなシューズが起源で、現在はカジュアルなリゾートシューズとして人気を博しています。

エスパドリーユはスリッポンタイプのデザインが多いです。つまり、エスパドリーユはスリッポンの一種ということですね。

草履型スリッポンといえばわかりやすいでしょうか。

海外セレブなど有名人を中心に広まり、今では夏には欠かせないアイテムとなりました。

エスパドリーユの履きこなし方

カジュアルスタイルにもドレススタイルにも、もちろんキレイめカジュアルにも合わせやすいエスパドリーユ。

履くだけで「むむっ、オシャレだぞ!」と他人に思われます。

なんのテクニックも知識もいりません。シンプルで無駄な装飾のないデザインのスリッポンを履いて、テーパードシルエットのパンツで足首を出して足元を強調すれば、オシャレコーディネートがほぼ完成!

あとはシャツなりカットソーなりで無難にキメましょう。

そのときのあなたからは、いつものスニーカーでは考えられないほどのリゾート感が醸し出されているはずですよ♪

注意点としては、耐久性が低いので、かかとを踏んで利用したい場合はワンシーズンで履き倒すくらいのつもりで使いましょう。

おすすめのエスパドリーユ

Castaner

エスパドリーユの老舗ブランド、カスタニエール。

すべてハンドメイドでつくられていて、トレンドを取り入れたデザインが特徴です。

gaimo

スペインのシューズブランド、ガイモ。

ガイモのエスパドリーユは熟練の職人が1つずつ丁寧に手作業でつくるので、上質なデザインだけでなく、履き心地も評価され、世界中で愛用されています。

日本ではBEAMSなどのセレクトショップが取り扱っていますよ♪

Rivieras

フランスのデザイナーが手掛けるスペインのシューズブランド、リビエラ。

シンプルでモダンなデザインはドレススタイルにも履けるほど上品で世界中から人気です。

コストパフォーマンスが高く、通気性に優れていて機能性も抜群なので、初心者の方にもおすすめですよ♪

リビエラには「10℃」「20℃」「30℃」 という温度の値がモデル名の一部に含まれていて、それぞれ、10はメッシュなしのキャンパスや化学繊維、20はアッパーがメッシュで他はキャンバスのコンビ、30はオールメッシュと温度によって通気性を変えています。

その日の温度に応じて、それに合ったモデルのエスパドリーユを履くと快適に過ごせるというわけです。

こういったこだわりも粋でかっこいいですよね。

soludos

地中海の港町で愛され続けてきた伝統を現代的にアレンジして提供しているブランド、ソルドス。

海外セレブも愛用していて、今後も人気が高まっていきそうです。

他のブランドに比べリーズナブルなので、手軽に購入に踏み切れるのも魅力です!

CALZANOR

カルザノールのエスパドリーユは、スエード素材が上品。

熟練の職人が丁寧につくりあげているので履き心地も抜群です。

ソールに厚みがあるので、長距離歩いても疲れにくいというのも魅力的です!

SALVI

ソールからアッパーまで全ての工程を自社で一貫して行っている、サルヴィ。

リーズナブルな価格がいいですね!

Malo Italy

マーロイタリアのエスパドリーユは伝統的な職人がハンドメイドで最高級のカシミアをつかって仕上げています。

絶妙なカラーリングと人間工学に基づいた履き心地のいいデザインが人気を博し、全世界で愛されています。

Superdry 極度乾燥(しなさい)

現在世界中で話題のブランド、極度乾燥(しなさい)。

日本のアサヒスーパードライにインスパイアされて名づけられた英国のブランド。

2003年から本格展開をはじめわずか10年ちょっとで世界中で人気のブランドとなりました。

変な間違った日本語のロゴが魅力的(?)なのでしょうか……。

服やバッグは翻訳機で出されたものをそのまま使ったような違和感ありまくりの日本語がプリントされていて、正直あまりオシャレとは思えないですが、エスパドリーユは細部にまでこだわっていて、かなりしっかりしたつくりになっています。

エスパドリーユなのに、ソール部分がラバー素材なので、雨の日でも大丈夫。

カラバリも豊富で、カジュアルからシックなものまで、自分の好みに合わせて選ぶことができます。

今後日本でも流行るのでしょうか、期待大ですね!

PR

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*