デニム、ジーンズの合わせ方を知ってお洒落に着こなそう!

デニムパンツ、ジーンズは誰もが持っているアイテムのひとつですが、実は本当に奥が深いアイテムなのです。

オシャレ初心者に捧ぐ、デニムパンツの選び方や種類、コーディネートを紹介します!

デニム、ジーンズの合わせ方を知ってをお洒落に着こなそう!

流行のデニムパンツは?

デニムパンツにマニアががいるように、デニムパンツには様々な形があります。

・ストレート

基本的には腰口から裾にかけて、狭まったり広がったりすることなく、直線上になっているもの。

物によっては直線ではなく狭まったり広がったりしているものもあります。

デニムパンツのもっともポピュラーな形です。

・スリム

テーパード部分が狭まっており、またヒザ下から裾にかけてグッと狭まっている形のもの。

・フレア

こちらはスリムとは逆に、裾に向かってどんどん広がっている形のものです。

西部劇のガンマンなどが着てるもの、といえばイメージしやすいですかね……?笑

・バギー

腰回りにゆとりがあり、ももから裾に向かっては直線上の形のもの。

主に女性から支持されていますね。

・ヒップバング

こちらのデニムパンツは股下が普通のジーンズとくらべ眺めの形になっているのが特徴です。

足が長く見える効果があるため、女性を中心に現在でも人気があります。

・スキニー

現在では言わずと知れたスキニーデニム。

「スキニー」という言葉は元々「スキン」の「肌」という意味から来ていて、肌に密着するような形で全体的に細くなっているデニムパンツのことを指します。

 

詳細には他にもまだまだ種類がありますが、とりあえずこの6つの形を知っておけば大丈夫でしょう。

そして、次に、この中で主にトレンドとなっているのが

・ストレートデニム

・スキニーデニム

の二つです。

ストレートデニムに関しては、流行というよりも定番ですね。笑

いつ何時どんな時代でも広く愛されているため、誰でも履きやすく、またストレートの中でもそこからまたタイプが別れるため、人を選ばず履かれています。

日本でスキニーパンツが流行し始めたのは2000年代からのことですが、こちらも多くの男女に履かれ、タウンシーンでもよく目にするのではないでしょうか。

ストレートデニムパンツ

先述したとおり、ストレートデニムパンツと一口に言っても、その中に様々な種類のものがあります。

その中でもオススメなのが

・テーパードストレート

・レギュラーストレート

の二つです。

テーパードストレートとは、太ももから膝まではストレートな形状を保ち、膝から裾にかけて少しずつ細くなっているものを指します。

レギュラーストレートとはももまでは少しキツ目になっており、そこから裾までが直線的なラインの形のものです。

これらのパンツの魅力はなんといってもそのシルエットに安定感あります。

足が太い人でも足が細い人でも無難に履けるそのシルエット、ジャケットやTシャツなどとも愛称がとても良く、タイトなトップス、アウターでAラインを作るも良し、ジャストサイズのTシャツやトップス、アウターで太めのIラインを作るも良しです。

この2本のデニムパンツは着こなしの汎用性がかなり高いので、どちらか一つは持っておきたいところですね♪

デニムコーディネートで避けた方がいいこと

ストレートデニムコーディネートで避けた方がいいことは、オーバサイズのトップスを着用したり、ロングコートなど丈の長いコートをあわせることです。お洒落上級者の方なら、うまくコーディネートに落とし込めることができるかもしれませんが、初心者がやるとだぼっとした印象を与えてしまい結果として失敗してしまうことが多いです。

また、ダメージ加工されたデニムや、ケミカルウォッシュなど白すぎるデニムも初心者の方は避けたほうがいいです。

ダメージ加工は2009〜12年くらいまでは流行になりましたが、最近はあまり目にしなくなりましたよね……^^;

また白すぎるデニムパンツは、初心者のかたが履くとどうしても”アキバヲタク”っぽさが出てしまい、残念なことになりがちです。

上級者の方にとってはうまく使える一品アイテムとなり、お洒落に見えますが、初心者の方が合わせやすいデニムパンツを選ぶ際は、ストレートタイプで、色の濃いめのものを選ぶようにしましょう!

スキニーデニムパンツ

スキニーデニムパンツは言わずとしれたあの細いデニムパンツです。笑

こちらは人によっては履きこなすのが難しいものですが、足が細めの方や、足が短い方の味方。

無難な服装を目指す方には、少しハードルが高いかもしれませんが、いまだ根強い人気を誇り流行のデニムパンツなので、履きこなせればその分おしゃれ感も倍増です。

スキニーデニムの魅力はなんといってもその細さ。細いシルエットでスリムな印象を与えますし、股下が他のデニムよりも長いものが多いので、足も長く見えます。

合わせるトップスやアウターも実は豊富で、だぼっとしたトップスや丈の長いコートでもVラインやIラインが演出で来ますし、ジャストサイズのものでも全体的にシュッとしてかっこいいです。

スキニーデニムで避けた方がいいこと

スキニーデニムで避けた方がいいことですが、これはズバリ、足の太い人が履くことです……。

「そんな身も蓋もない……」と思われるかもしれませんが、スキニーデニムを履いていることで一番みっともなく見えることは、ムチムチ感が伝わってしまうこと……。

ムチムチして張り裂けそうなスキニーデニムを見て、女性のかたも「生理的に無理」という印象を抱いてしまうことがあるそうです。

ですので、足が太い方は、まず脚痩せさせてからスキニーデニムを履くか、スキニーデニムではなく、スリムタイプのデニムをスキニーデニムのように履くようにしましょう♪

 

PR

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*