キレカジコーデにこなれ感をプラスしよう!クロップドパンツの魅力

テーパードシルエットで抜け感、こなれ感を演出してくれるクロップドパンツで、堅苦しいキレイめカジュアルを垢抜けたものにしましょう。

ラフで爽やかなデザインは熱い夏にも最適です。

無難なコーディネートでは満足できなくなってきた方は、ワンランク上のオシャレに挑戦してみてくださいね♪

クロップドパンツ

クロップドパンツとは

近年、メンズでもレディースでもトレンドとなっているクロップドパンツ。

croppedとは「切り取られた」という意味で、クロップドパンツとは通常のパンツより裾丈を短くしたパンツのことを指します。

6分丈の短いものから、9分丈の長いものまで、クロップドパンツと一概に言ってもいろいろな種類のものがあります。

メンズのクロップドパンツの着こなしにおいては、8分丈〜9分丈がおすすめです。

あまり短すぎるとカジュアルになりすぎてしまうので注意してくださいね。

個人的には9分丈のアンクルパンツとも言われる、くるぶしがちょっと露出する程度の長さが好きです。

ゆったりとしたウエストラインと絞られた裾ラインが特徴で、コーディネートのIラインを引き立たせてくれます。

キレイめカジュアルに軽さを演出することができるので、春から夏を通して秋にかけて、抜け感のある涼し気でラフな着こなしができると評判です。

スキニーパンツと同様に幅広く、いろんなアイテムと相性がいいので、まだ持っていない方は検討してみてください!

クロップドパンツの魅力

コーディネートに軽さを出せるだけでなく、足首を冷やすことで、リンパを冷やし身体の熱を冷ますことができるので、夏には非常に機能的でおすすめです。

ハーフパンツはちょっと恥ずかしいという方にもクロップドパンツならチャレンジしていただけると思います。

スキニーパンツは確かに万能で有能で私も大好きですが、夏にまでスキニーパンツを頼るのではなく、気候に応じて爽やかにクロップドパンツを穿きこなしてみてはいかがでしょうか。

ただ、うまく活用すれば一気にこなれたオシャレマンになれるクロップドパンツですが、使い方を誤ると子供っぽくなってしまいます。

子供っぽさをうまく回避するためにいくつか注意すべき点があります。

クロップドパンツは足首を出すので、カジュアルなコーディネートをつくってくれますが、ドレッシーにも見える不思議なアイテムです。

モノトーンでうまくまとめるために、色はブラックをはじめ、グレーやネイビー、ベージュなど落ち着いた色を選びましょう。

また裾が絞られているテーパードシルエットのものの方がキレイめに着こなせるので、おすすめです。

さらに、デザインにも注意してください。

短すぎる裾丈のクロップドパンツは選ぶと、抜け感、カジュアル感は出せますが、子供っぽくなってしまい、他のアイテムとの組み合わせによってはチャラく見えてしまう恐れもあります。

なので、8分丈〜9分丈のくるぶしが露出する程度の丈のものを選んで大人っぽく着こなしましょう。

また、裾を折り返したときにボーダーやチェックの裏地になっていたり、不必要にジップや装飾のあるものは避けましょう。

クロップドパンツはシンプルであることでかっこよさが引き立つのです。

余計な装飾は子供っぽい印象が出てしまうだけでなく、せっかくのキレイめカジュアルなクロップドパンツのいいところが台無しになってしまいます。

クロップドパンツのシンプルなデザインの素晴らしさはコーディネートを考える際にわかります。

クロップドパンツがシンプルなおかげで、多少派手なTシャツを合わせてもかっこよく着こなせますし、ストライプやチェックなどの柄モノのシャツとの相性もいいです。

この恩恵を存分に活かすためにも、クロップドパンツはシンプルで使いやすいものを選んでくださいね。

しかし、ストライプなどの柄のクロップドパンツを選んで、クロップドパンツ自体に派手さを持ってきて、トップスをシンプルなものに抑えるというテクニックもあります。

おしゃれに自信のある方はそういったクロップドパンツの活用の仕方をしてもいいかもしれませんね♪

クロップドパンツの着こなし

クロップドパンツはよほどカジュアル感の強いアイテムでなければ、どんなアイテムとも相性がいいです。

ジップのないパーカーと合わせてノームコアを意識したコーディネートを楽しんだり、チェスターコートと合わせて抜け感のあるキレイめコーデをしたり、基本的にはスキニーパンツに合うものならクロップドパンツにも合うと考えていいと思います。

スキニーパンツよりはクロップドパンツのほうがカジュアルな印象になりますけどね。

クロップドパンツはグレー、ブラックなど暗い主張の激しい色がおすすめです。上記で述べたように上級者向けにはストライプなどの柄ものもいいですね。着こなせたらかなりかっこいいです。

素材も、カーゴやデニム、スウェットなど様々なものがありますし、サルエルシルエットのものも個性的で上級者コーデのアクセントになります。

クロップドパンツの一種であるジョガーパンツもスポーティな印象をプラスしてくれるので、気分を変えたい方は試してみてください。

シューズは足首の爽やかさを強調するため、スリッポンタイプのシンプルなものがおすすめです。

カジュアルにコーデを組みたいときには、エスパドリーユ、サンダル、デッキシューズを、キレイめにコーデを組みたいときにはレザーシューズ、モカシン、バブーシュ、などを場面に応じて選びましょう。

その際にはカバーソックス(インビジブルソックス)でちゃんと足首を見せて爽やかさを主張してくださいね!

PR

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*