オシャレ男子の必須アイテム、カーディガンの着こなし方とは?

「オシャレになりたいけど、ファッションのことを勉強するのはめんどくさい」
「簡単に無難なモテるコーディネートがしたい」

そんな方に最適な、誰にでも簡単に着こなせてキレイ目オシャレを演出できるアイテム、
それがカーディガンです。

え?カーディガンなんて普通すぎてつまらないって?
そんなことないんですよ。

今回は王道だからこそ奥が深い、カーディガンの着こなしについて紹介します。

カーディガンの着こなし方とは

カーディガンはどんな場面で着るの?

カーディガンは場面も季節も選びません。

インナーにシャツを着ればフォーマルに着こなすことができますし、
インナーを首元の開いたVネックのカットソーなんかにするとキレイ目カジュアルに着こなせます。

もともとは、19世紀クリミア戦争で活躍したカーディガン伯爵が
怪我人にも着やすい重ね着として考案したそうです。

そんなわけで、カーディガンは冬にはアウターの内側に着れば防寒になりますし、
春や秋には1枚羽織っておくと気温変化に対応できるので、
オシャレさもさることながら機能性も抜群の必須アイテムです。

 

カーディガンコーデはここに注意

カーディガンは体型や年齢を問わず誰にでも似合うのですが、
いくつか注意すべき点があります。

まず、全身ブラックはNGです。
黒いパンツに黒いカーディガンを選んでしまうコーディネートは、
オタクっぽく見られてしまい女性ウケがあまりよろしくないので避けましょう。

全身パステルカラーも注意が必要です。
白いパンツにパステルピンクのカーディガンなどのコーディネートは、
締りがなく子供っぽい印象を与えてしまいます。

また、最近は肩掛けコーディネートが流行っていますね。
肩にカーディガンの袖の部分を巻き付けるいわゆるプロデューサー巻きのことです。

しかし、これは個人的にはおすすめしません。
このような流行はすぐに飽きられてしまうので、
オシャレ初心者の方は流行は追わずに無難にシンプルなファッションをしましょう。

 

カーディガンのカラーコーディネート

sms09132_sty06

基本的には落ち着いた色のパンツと組み合わせれば失敗することはありません。
落ち着いた色とは、ブラック、グレー、ブラウン、アースカラーのことです。

私は黒のパンツをおすすめします。
黒のパンツは、どんな色のカーディガンとも相性が良いです。

春にはパステルカラーのカーディガンを取り入れ、
秋にはアースカラーのカーディガンを取り入れると季節感が出てオシャレになりますよ。

どんな色もOKと言われて困ってしまう人はネイビーがいいと思います。
ネイビーは落ち着いていて知的な印象を与えることができますし、
王道の色なので不快に思う人は絶対にいません。

ちょっと遊び心がほしい方はワインレッドやベージュを選ぶと、
落ち着きの中に味が出るのでおすすめですよ。

 

カーディガン×パンツ

sms11810_c1_sty

キレイ目に着こなしたい方は細身の落ち着いた色のパンツを選びましょう。
黒いスキニーパンツは1着持っておくと着回しができて便利です。

逆に、レジャーシーンでカーディガンをカジュアルに着こなしたいという方は
少しワイドなカーゴパンツやジーンズと合わせましょう。
この際、スニーカーと組み合わせても格好良いですよ。

ワイドといっても、自分のサイズに合ってないダボダボすぎるパンツは
だらしがなくてオシャレとは程遠いので決して選ばないようにしてくださいね。

 

カーディガン×トップス

sms12916_sty2

カーディガンにはカットソーがよく合います。

白いカットソーに、好みの色のカーディガン、それに黒い細身のパンツ
もうこれだけで十分です。
オシャレ上級者から見て「すごくオシャレ!」とはならないかもしれませんが、
そのコーディネートを不快に思う女性はほとんどいないでしょう。

カットソーを選ぶ際には、首元が詰まった形のものではなく、開いた形を選びましょう。
涼し気ですし、それだけでオシャレ感が増しますよ。

ボーダーとの相性も抜群なので、ぜひ試してみてくださいね。

 

カットソーではなく襟のあるシャツをインナーとして着てもかっこいいです。
その場合はシャツとカーディガンの色がチグハグにならないように気をつけましょう。

 

カーディガン×シューズ

buy150218_sty

靴は白、灰、黒、茶などの落ち着いた色ならまず失敗することはありません。
キレイ目に着こなしたい方はレザーの靴を選びましょう。

カジュアルに着こなしたい方はスニーカーを選ぶといいと思います。

3色でまとめることをこころがけていれば、
ごちゃごちゃすることなくオシャレコーデができあがるはずです。

黒いパンツ×黒い靴は足を長く見せる効果があるので、これも試してみてくださいね。

 

 

いかがでしたか?
カーディガンは体型や年齢を問わずどんな方もオシャレに着こなせるアイテムですが、
組み合わせ次第で相手に与える印象を変えることができます。

つまりカーディガンに合ったアイテムやカラーコーディネートを覚えておけば
少ないアイテムで着回しが可能です。

大学生や社会人になりたての方には特に最適のアイテムだと思うので
好みの色のカーディガンを数着持っておくと便利だと思いますよ。

PR

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*