なで肩体型をカバーする、おすすめメンズコーディネートとは?

なで肩といえば嵐の櫻井翔さんですね笑
「なで肩」と検索したら一番目の画像に櫻井翔さんが出てきて笑ってしまいました。

なで肩だと、肩にかけたバッグがずり落ちてしまったり、
貧弱に見えてしまったり、悩みは尽きません。

しかし、着るものによって目の錯覚を利用していくらでもカバーできるので
なで肩の人はなで肩をカバーするような服装を心がけましょう。

では実際にどんな服を着ればよいのか説明していきますね!

なで肩をカバーする、おすすめコーディネートとは

なで肩をカバーするカラーコーディネート

濃い色より明るい色を選ぶようにしてください。
濃い色はシャープな印象をあたえるため身体のラインが強調されてしまい、
なで肩が目立ってしまいます。

反対に明るい色、特に膨張色は大きく見せるので、
淡い色(パステルカラー)や、暖色(オレンジ、赤、ピンク)などを
トップスに取り入れるようにしてみてください。
目の錯覚を利用して肩のラインをぼかすことが目的です。

 

首元にボリューム感を出す

ベストもなで肩をカバーしてくれます。
一昔前はTシャツにベスト(ジレ)のスタイルが流行っていましたが、
最近はみかけませんね…。

なので薄地のジレスタイルは避けて、
ダウンベストなどをチョイスして
カジュアルにコーディネートしてみてはいかがでしょうか。

ダウンベストは着膨れ感を出すことなく、
肩だけカバーしてくれるので、
なで肩男子の強い味方ですよ!

 

パーカーもいいですね。
アウターを選ぶ際にはフード付きのものにすると
上手くなで肩カバーができます。

また、エポレットがついてるミリタリー系のアウターも
オシャレになで肩をカバーしてくれるので1着持っておくといいと思います。

 

冬はマフラーやストール、スヌードなどで肩の上にボリューム感を出して
コーディネートしてみてください。

この際、細いストールなどを選ぶと肩が出てしまい逆効果です。
さらに、垂らしたストールはタテのラインが強調するので、
肩幅が狭く見えてしまいます。

効果的なアイテムも使い方を間違えると逆効果になることもあるので
注意してくださいね。

 

小さめの襟で工夫する

襟が大きいとコントラストで肩幅を小さくみせてしまうので、
シャツを着るときには襟の小さいものがおすすめです。

また、シャツのボタンを開けすぎると、
どうしても襟が大きく見えてしまうので注意してくださいね。

キッチリ綺麗に着こなしたほうが女性ウケもいいですし、
キレイ目大人コーディネートを目指しましょう。

 

トップスは首元の開いたものを選ぶ

まず、サイズはジャストサイズのものを選んでください。

なで肩をカバーしようと思って大きいサイズを選ぶ方がいますが、
全体のバランスが崩れて不自然になってしまったり、
服の大きさとのギャップで逆に貧相に見えてしまうこともあります。

肩の縫い目が肩の骨の真上か、
1cm大きいぐらいを目安に選びましょう。

 

また、薄地のものは肩のラインを強調してしまうので、
なるべく厚手の生地のものを選んでください。

首元にも注意が必要です。
クルーネックやハイネックのような首元が詰まった服は
なで肩を目立たせてしまう危険があるのでNGです。

VネックやUネックなど鎖骨が見えるくらい首元に余裕のある服は
なで肩を目立たせないのでおすすめです。

この際、縦に深く開いたものより、横に広く開いたものの方が、
肩の幅を横長に見せるのでなで肩カバー効果が高いです。

 

柄は、ボーダーを選ぶといいと思います。
ボーダーは横長に見せる効果があるので、
肩幅を広く見せることができますよ。

逆にストライプなど縦長に見せてしまうおそれのあるアイテムは
避けたほうがよいと思います。

 

ボトムスは控えめに

なで肩の人は肩が下がっているがゆえに上半身が貧弱に見えてしまいます。
今回はそれを、目の錯覚を利用したコーディネートで、どうにかカバーする術を説明してきました。

しかし、どんなに上半身だけ頑張っても下半身に無頓着だとすべて台無しになってしまいます。
例えば、ワイドなカーゴパンツなどを穿くと下半身が大きく見えてしまい、
対照的に上半身は細く見えてしまいます。

これでは間違いなく、なで肩を強調してしまいますね。
なので、なで肩体型の人はシンプルな細身のボトムスを着用すべきです。
なで肩体型の人はスキニーパンツぐらい細くても問題ないと思います。

また、トップスを明るい色でぼかすためにも
ボトムスは暗い控えめな色で引き締めましょう。
黒、ダークグレー、ダークブラウンなどがおすすめですよ。

 

いかがでしたか?
なで肩体型の方は特に注意して服を選びましょう。
コーディネート次第で、なで肩を全く目立たせずにオシャレになれるのに、
いまだに、なで肩を強調した台無しコーディネートをしている人が大勢います。

あなたは今回のことを頭に叩き込んで、自分に合ったコーディネートをして
オシャレを楽しんでくださいね。

コーディネートでコンプレックスを克服して自信を持って、
女性にモテる素敵な男性を目指しましょう!

PR

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*