低身長をカバーする、おすすめメンズコーディネートとは?

「低身長だからオシャレをしても子どもっぽくなってしまう……」

こんな悩みを持っている人は多いと思います。
確かに雑誌に載っているコーディネートをそのままマネしてしまうと、
似合わないこともあります……。

しかし諦めることはありません。

低身長でも上手くコーディネートすればカッコ良くなるんです。
では、そのためにどうすればよいのでしょうか。

低身長をカバーする、おすすめコーディネート

上半身を目立たせる

見る人の目線を全体ではなく上半身にいくようにするのが、
低身長をカバーするコーディネートの基本です。

そのためには首周りにアクセントを置いたり、
上半身に色味のあるトップスを着てアクセントを持たせることが大事です。

 

首周りにアクセントのあるアイテムは、
パーカー、襟のあるシャツ、Vネック、ハイネックなどですね。

パーカーはフードがアクセントになりますし、
何にでも合わせて着こなすことができるため、何着か持っておくと便利だと思います。

VネックはVの字がタテのラインを強調して、
首元にアクセントも与えてくれて、まさに低身長の方のためのアイテムですね。

 

他にもネックレスなどで首にアクセントを置くのもいいでしょう。
その際に女性ウケを狙うのなら、チャラチャラしたものやゴツいものではなく、
シンプルなものを選んでくださいね。

 

トップスを色味のあるものにして目線を上に集めるのも効果的です。

鮮やかなビビッドカラーや淡い色のパステルカラーなど、
明るい色を取り入れるといいと思います。
その季節に合わせて好きな色を選んでもいいかもしれませんね!

 

タテのラインを強調する

タテのラインを強調すると縦長の印象になって、
身長の低さをカバーすることができます。

 

ストライプ柄のシャツやTシャツは簡単にタテラインを強調できるため
おすすめのアイテムです。

シャツを着る際は内側にVネックなどをインナーとして着て、
外側のシャツは前のボタンを開けておくと縦長に見えて良いともいますよ。

ストールも首から垂らすことによってタテのラインをつくることができます。
しかしストールは初心者には難易度が高いかもしれませんね。
オシャレに慣れてきたら取り入れるといいと思いますよ。

 

タテのラインを強調するにあたって重要なのはサイズです。
ジャストサイズで選ぶのがポイントなので、着丈と肩幅に注意してください。
サイズが大きいと、どうしても服に着られている感がでてしまいますので注意が必要ですよ。

また、基本的にはロング丈のものは避けましょう。
足が短く見えてしまいますし、背の低い人には似合わないことが多いです。
トップスもアウターもなるべく長すぎないものを選んでくださいね。

 

着膨れ感がでないスリムなデザインのものがおすすめです。
テーラードジャケットやレザージャケット、Pコートやダッフルコートなどの
丈の短いアウターを着ると、足が長く見えるので積極的に取り入れましょう!

どうしてもロングコートが着たい場合は
ミドル丈の比較的短い丈のものを選んでみてはいかがでしょうか。

 

暗めのボトムスで引き締める

上半身は明るい色で目立たせてもいいですし、
逆に暗い色の服にアクセサリーでアクセントをつけてもいいのですが、
下半身は必ず暗めの色で引き締めましょう。

 

落ち着いた色合いのブラック、ネイビー、ブラウン、カーキなどを選ぶことによって、
上半身を目立たせることができますし、
全体を引き締めてタテラインを強調することができます。

この際、シンプルなデザインのものをジャストサイズで穿くようにしてください。
一昔前に流行ったワイドなジーンズやダボダボなカーゴパンツは、
身長を低く見せてしまうだけでなく、足を短く見せてしまい、低身長な方にはメリットがありません。

 

ジャストサイズ、シンプル、落ち着いた暗めの色という3つのことを念頭に置いて、
ボトムスのコーディネートを考えてみてくださいね。

 

帽子を被る

ニット帽やハットなどの帽子を被るのも良いでしょう。

帽子を被ることで、実際の身長より少し高く見せることができますし、
目線を上方向へ集めるのにも最適です。

これも明るい色のもので目立たせると、
より目線が集まっていいと思いますよ。

 

 

いかがでしたか?

どれもポイントは“下は引き締めて上に目線を集める”ということです。
身長が低くても、身長に合わせたオシャレをすることで
実は結構簡単にカッコ良く見せることができるんですよ。

 

ここで紹介した他にも簡単に身長を高く見せるシークレットブーツやインソールなどもありますね。
確かに効果的といえば効果的です。

しかし、やりすぎてしまうと不自然ですし、脱いだらバレてしまいます。
なのでこの手のものはほどほどにして、それよりも自身を持って自分に合ったオシャレをして、
気遣いのできる優しい人を目指したほうが確実にモテます。

 

以前紹介した私の友人も身長こそ高くないものの、
他のイケメンたちを差し置いてかなりモテていましたからね。
身長を言い訳にしないでがんばってくださいね!

PR

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*