ガリガリ細身体型をカバーする、おすすめメンズコーディネートとは?

ぽっちゃり体型の人には“嫌み”とか“贅沢な悩み”とか言われてしまいそうですが、
「食べても太れない……」
「骨が浮き出るのがカッコ悪くて着たい服が着られない……」
このような悩みを持っている細身体型の人は少なくないはずです。

華奢すぎる体型は“貧相”とか“頼りない”と思われてしまうため、
細身体型の人は細身体型に悩んでいるんですよね。
私がその一人なのでよくわかります。

なので私自身、肌の露出が多い夏は苦手です……。
腕や足が細すぎて、もう何年も海やプールには行っていません笑

しかし服を着ていれば大丈夫。

細身体型をカバーできるコーディネートがあるので
今回紹介することを頭に入れておけば、オシャレが楽しくなるはずですよ。

細身体型をカバーする、おすすめコーディネートとは

ジャストサイズを着る

細身の人は華奢な体型をカバーしようと、
大きめの服を選びがちですが、これはNGです。

大きめのサイズの服を着ると細さがより目立ってしまい、逆効果です。
必ず身体にジャストサイズのものを選ぶようにしましょう。

ボトムス関してはカーゴパンツなど、多少余裕のあるものでも似合います。
あまりにもダボダボのものは体型に関係なくだらしがないですし、
現在は流行っていないので避けましょう。

 

インナーはもちろんのこと、アウターのサイズが大きいと、
細身体型の人は服に着られている感が出てしまいみっともないので気をつけてくださいね。

アウターは、ロングコートなど丈の長いものを選ぶと細身体型の人にピッタリだと思います。
スラっとした体型を活かしてジャストサイズのオシャレなコートを着こなしてみてはいかがでしょうか。

 

骨を目立たせない

鎖骨や手首、肩などは骨が浮いていて目立ってしまいます。
なので、それらを隠すようなアイテムを選びましょう。

厚手の、なるべく首元の広く開いていないTシャツや、ポロシャツがおすすめです。
5分袖、7分袖のシャツも腕を隠せるので何着か持っておくといいと思いますよ。

また、細さが目立つ手首にはアクセサリーをつけるといいと思います。
その際身に付けるブレスレットや腕時計などはシンプルで大人っぽいものを
選んでおくと女性ウケがいいです。

 

肩幅が狭くて悩んでいる方には、ジャケットをおすすめします。
不自然ではない肩パッド入りのものを選ぶと効果的だと思います。

冬はジャケットの中にパーカーを着ても細さはカバーできますし、
ボリューム感のあるダウンジャケットもいいと思います。
ダウンベストも取り入れると細さが目立ちませんよ。

夏は暑いのでトップス1枚になりがちですが、
サマージャケットなどを羽織ると華奢さも目立たないですし、
尚且つオシャレさが増しますのでぜひ試してみてください。

 

避けたほうがいいアイテムは、Vネックや首の広い服、薄地のTシャツなどですね。
また暑くてもハーフパンツはやめておいた方が無難です。
ましてやショートパンツを穿いて女性より細い足をさらけ出すなんてことは
女性ウケが間違いなく良くないので控えるようにしましょう。

 

レイヤードを利用する

レイヤード(重ね着)は華奢な体型をカバーするには最適です。

ポロシャツの下にTシャツを着たり、シャツの下にタンクトップを着たり、
Tシャツの上にパーカーやカーディガンを羽織ったり、
首元にボリュームを出すためにスヌードを着用したり、マフラーを巻くのもいいですね。

また、Tシャツにジャケットを合わせてもカッコ良く体型をカバーできます。

どうしても暑い日は仕方ないですが、
なるべく一枚で着ないで重ね着をしたほうが細さは目立ちません。
それに重ね着は着回しがパターンが増えるのでオシャレが楽しくなりますよ。

 

膨張色を選んでたくましく見せる

白、赤、黄色、オレンジ、ピンクなどの暖色は
膨張色といって寒色系の色に比べ大きく見えます。

あとは、ベージュなども細身体型には合っています。

すべてを膨張色にすると派手になりすぎてしまいますし、
ごちゃごちゃしてオシャレではないので、
トップスに膨張色のものを選ぶといいでしょう。

 

例えば、黒いチノに白いスニーカー、
白いTシャツにオレンジ色のパーカーを羽織るとかそんな感じです。

トップス以外はシンプルに2色くらいでまとめると、
品を失わずに個性のあるオシャレができます。
夏は明るい色のサマージャケットを羽織るのがカッコ良くておすすめですよ。

逆に収縮色、寒色系の色だけでコーディネートをすると細さが目立ってしまうので
注意してくださいね。

 

 

いかがでしたか?
華奢な細身体型でもコーディネートの工夫次第で
カバーできるということがわかっていただけたでしょうか。

しかしどうしても夏は露出が多くなりがちですよね。
なので、健康のためにも少しずつトレーニングをして、
恥ずかしくない体型作りをすることも大事ですよ!

(私も細いので自分に言い聞かせています笑)

一緒にオシャレとトレーニング頑張りましょう!

PR

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*