モテる男はみんな知ってる?オシャレメンズファッションの基本4カ条

「季節の変わり目だし新しい服を買おうかな」
そう思って服探しをしてもどれから買えばいいのかわからず、
適当に選んでしまってオシャレとは言い難い…

そんな経験ありませんか?
私も、いまではそれなりにオシャレに気を使えるようになりましたが、
以前はモテたくてオシャレなショップに行っても
何を買えばいいかわからず戸惑ってしまい
何も買わずに帰宅する、なんてこともありました。

しかしオシャレにはいくつかの鉄則があります。
これだけおさえておけば、安いアイテムでもオシャレな自分を演出できるので、
ぜひ覚えて今後に活かしてみてくださいね!

これだけ押さえておけば大丈夫。オシャレなメンズファッションの4カ条

サイズは必ず自分に合ったものを選ぶ

サイズ選びは最も重要です。

 

一昔前には、大きめのサイズでダボダボの服を着こなす、
というのも流行りましたね。

10〜15年くらい前でしょうか、
街にはルーズソックスの女子高生やジーンズを腰で履く若者が大勢いました。

 

池袋ウエストゲートパークの長瀬智也さんや
窪塚洋介がとてつもなくカッコ良かったのを覚えています。
(ちょっと古いですかね…笑。
私は中学生のときにDVDで見てハマってしまいました。)

 

しかし、今どきそんな格好をしている人はなかなかいません。
女性には“怖い”という印象を与えてしまう可能性もありますし、
そのようなファッションはおすすめしません。

逆に小さすぎてピッタリしていてもギャル男っぽくて、
一般の方にはウケなさそうです。

 

大きさの合っていない高い服より大きさがピッタリの安い服のほうが確実にモテます。
ジャストサイズを綺麗に着こなしましょう。

トップスのサイズを見分けるときのポイントはズバリ、肩幅です。

一番大切なのは肩のサイズですね。
ここが窮屈だとピチピチの服を着ているように見えますし、
余裕がありすぎると野暮ったいです。

 

肩の縫い目が、肩の少し内側か、肩のラインにちょうど良いものを選びましょう。
自分の肩幅を知っておくと、ネットショッピングで失敗することもないと思うので、
測ってみてくださいね。

 

3色でコーディネートする

身に付ける色は“3色”と決めておくと、まとまりのあるコーディネートができます。

身に付ける色が多いと派手になりすぎて、一気に“頑張ってる感”が出てしまいます。
とはいえ、1色というのも味気ないというか、地味に見えてしまいますので要注意。

3色というのが最もバランスがよく、
女性に人気が高いのでこのルールは頭に入れておきましょう。

 

寒い日には3色、多くとも靴まで入れて4色でまとめて、
暑い日には2色でまとめてどこかにワンポイントで差し色を入れるというのがベストですね。

例えば、ジャケット(黒)+Tシャツ(白)+デニムパンツ(グレー)+靴(黒)=3色
または、シャツ(紺)+Tシャツ(白)+チノパンツ(ベージュ)+スニーカー(紺)=3色
という感じですね。

 

また、3色でも、反対色ではなく同系色でまとめましょう!
赤系+青系や、緑系+紫系はごちゃごちゃして見えてしまうので注意が必要です。

基本的には黒、白、グレー、紺、ベージュなどのシックな色でコーディネートして、
中に着るインナーとして、少し派手目の色のTシャツやタンクトップを、
差し色として利用するといいと思いますよ!

 

シンプルなコーディネートを心がける

シンプルな服選びを心がけましょう。
オシャレ上級者はアニマル柄などの服を着こなしていますが、
初心者には難易度が高いです。

シンプルな服であれば、おかしなコーディネートになることはありませんし、
実はシンプルなコーディネートの方が女性からの人気も高いんです。

それに、シンプルな服であれば、
安いお店で買ったものでもバレにくいというメリットもあります。

 

というわけで、シンプルな服がオシャレ初心者の基本ルールです。
私は無地をおすすめしますが、
ボーダーやチェックなど扱いやすい柄の服なら取り入れてもいいでしょう。

ただし、柄のアイテムは1つに絞ってください。
間違ってもボーダーのTシャツにチェックのシャツを羽織るようなことはしないように!

 

また、キャラクターのプリントのあるものは論外です。
今すぐ部屋着として使ってください!笑

シンプルな大人コーディネートでオシャレを楽しみましょう!

 

アクセサリーは控えめに

“オシャレ”な人というとアクセサリーをたくさんつけているイメージがありますが、
アクセサリーもシンプルなものを控えめに使用することを心がけてください。

 

男性は腕時計をしている方も多いと思うので、
他のアクセサリーは使用しなくてもいいかもしれませんね。

ただ、それではつまらない、他の人と差を付けたい、と思う方は
シンプルなネックレスやブレスレットを着けてみてはいかがでしょうか。

 

つけすぎや主張の強すぎるジャラジャラしたアクセサリーは
女性ウケが悪いので注意してくださいね。

 

以上の鉄則に沿ってコーディネートを考えると、
悩むことなく簡単にオシャレになれると思いますので、
ぜひ参考にしてみてくださいね。

PR

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*