シンプルでも周りと差をつける、さりげない着こなし術とは?

シンプルイズベストというのは前回の鉄則4カ条でお話しましたが、
シンプルなだけだとどうしても周りと似通った格好になってしまいますよね……。

そこで今回は、シンプルな服でも周りと差をつけられる
ちょっとした着こなしの工夫をご紹介します。

簡単なのでぜひ取り入れてみてくださいね。

周りと差をつける、さりげない着こなし術とは?

レイヤードで差し色を入れる

レイヤードとは重ね着のことです。

差し色として少々派手な色のものを下に着ると、
普段と違った印象を持たせることができますよ。

 

レイヤードの例をいくつかご紹介します。

 

1,シャツ×タンクトップ

シャツの下にタンクトップを着る爽やかなコーディネートは、
夏に向けて最適ですね。

綿のタンクトップは汗を吸収するので機能性も抜群です。

 

2,カーディガン×Tシャツ

王道コーディネートですね。
清潔感があり、知的な印象になります。

しかしカーディガンをTシャツと合わせることで堅苦しすぎず、
ラフな雰囲気を演出します。

このコーディネートを嫌いな女性はいないと思いますので、
ぜひ試してみてください。

 

3,ジャケット×パーカー

ジャケットの下にパーカーを着ると、
カジュアルなデート服として最適です。

フードとジャケットのコントラストも
ワンポイントの差し色として女性ウケが良いですよ。

 

 

ベルトの位置は腰骨の高さ

ベルトは腰骨の高さの位置で締めましょう。
低すぎてもだらしないですが、高すぎてもダサいです。

また、ゆるいパンツをベルトで締めるのではなく、
ちゃんとウエストに合ったサイズのものを腰骨の位置で穿いて、
ベルトはアクセサリー感覚で着用するといいと思います。

ゆるいパンツをベルトで締めると形が崩れてしまい、
だらしないので気をつけてくださいね。

 

袖まくりをして爽やかに

長袖のシャツを着るときには、
袖をまくると垢抜けてかっこいいです。

そのときに、カフ(袖先端の硬い部分)を芯としてカフの幅で
クルクルとまくる「シンプルロール」でもいいのですが、
「マスターロール」にチャレンジしてみましょう。

「マスターロール」とは、まず、カフのボタンをすべて外し、
カフの2倍の長さを一度で折り返します。

次に半分の位置で折り返します。
この時に、カフの裏地をちらりと見えるように残すのがポイントです。
これはスーツのときにも活用できますね。

 

インビジブルソックスで涼し気に

「靴下は見えないしなんでもいいや…」
なんて思っていませんか?

せっかく服と靴を揃えても、靴下がダサいと台無しです。
あえてオシャレなソックスを履いてわざと見せるコーディネートも
ありますが、上級者テクニックですし、女性の意見も賛否両論です。

そこで、私はインビジブルソックスをおすすめします。

 

インビジブルソックスは、靴を履いたときに靴下の部分が見えないように
くるぶし部分が露出するくらい短くなっています。
くるぶしソックス(アンクルソックス)よりも短い靴下のことですね。

靴下はパンツで隠れていると思いがちですが、
階段をのぼるときやしゃがんだときなど、
日常の様々な場面で見えているんですよ。

 

ただ、アンクルソックスには難点もあります。
短いが故に靴の中でかかとの部分が脱げてしまうことがよくあるんです…。

これが結構イライラするんですよね笑
なので、かかとの部分にゴムのすべり止めのついたものを購入することをおすすめします。

 

女の子ウケの良い、涼し気なアンクルソックスを履いて
服と靴を最大限に活かしましょう!

 

ロールアップ

パンツの裾をロールアップすると、足が長く見えますし、
それだけで“ヌケ感”があるゆるーいオシャレ感が出るのでおすすめです。

くるぶしを出すわけですから、インビジブルソックスも大活躍してくれるはずです。

 

折り返す幅は細いほうが足元をスッキリ見せてカッコイイと思いますよ。
具体的には、指2本分(3〜3.5cm)の幅で
くるぶしの上ぐらいまでクルクルと3回くらい折り返してください。

この幅が太いと子供っぽくなってしまいますし、
すね毛が見えるほどまくりすぎてもダサいので注意です。

 

カッチリしすぎない

“着崩す”ということも大切です。

腰でパンツを穿いたり、シャツのボタンを2つ開けたり、
そういうことではないですよ?

例えば、テーラードジャケットに白いシャツ、黒い細身のパンツに革靴
といったコーディネートだとカッチリしすぎてしまいますよね。

 

もちろんカッチリ、フォーマルなコーディネートが望ましい場面もあるかもしれませんが、
普段出かける際には堅苦しくて、オシャレとはいえません。

ここで重要なポイントなのが、これまでにも説明した通り、“ヌケ感”です。

 

例えば、テーラードジャケットの下はシャツではなくTシャツやカットソーにしたり、
靴は革靴ではなくスニーカーにしたり、細身のパンツはロールアップしたり、
そのような感じで少しだけカジュアルに着こなすんです。

そうすると一気にオシャレ感が上がりますよ!

 

 

いかがでしたか?
今後はこれらのことに気をつけて、
服に着られるのではなく、服を着こなしちゃいましょうね!

 

PR

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*